忍者ブログ
since 2007/07/29 ハンドメイド雑貨&キンクマハムスター&アベニーパファー&料理&・・・
最新コメント
[09/28 aopu]
[10/18 かつお]
[10/16 ぬのきれ]
[08/28 かなたまま]
[06/07 アクア初心者]
[06/05 aopu]
らっきょにメールする
ブログ内検索


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我孫子市にある鳥の博物館へ行ってきました

お弁当と、甘い香りの温かいフルーツ系ハーブティーも持って
よく晴れた土曜日にピクニック気分で。
外は風もあり、とても冷たかったので お外でランチはできなかったけど
いつもの車中ランチでゴキゲンでした



PA0_0063.JPG

世界の野鳥

剥製が部屋一面ずらり
日本の鳥が中心に展示されていました









PA0_0064.JPG
小鳥系の野鳥のほうが
色とりどりで珍しく











PA0_0062.JPG
大きい鳥は、そうそう目の前で
見ることなんてないだけに
結構な迫力で、鳥というより野獣のような・・・
剥製のくせに。









PA0_0066.JPGPA0_0068.JPG














PA0_0053.JPG
バックは写真の壁紙ですが、
手前の模型には、剥製が。

今にも動き出しそうな
羽根は剥製なのでツヤなんか無いけれど
ひとつひとつポーズが違っていて
とっても自然でした







PA0_0055.JPG
小魚などの餌を狙う瞬間とか、
一番手前の鴨は、上半身が水の中!

写真では暗すぎて撮れませんでしたが
水中の断層まで模型展示されているんです
魚や藻の細部まですべてがリアル!







PA0_0056.JPG「BONES」
という骨の標本の展示も開催中

すずめとか骨にすると余計小さすぎ。
けど、他のと並べてあると頭蓋骨だけでも
それぞれに特徴があり、いかにもすずめとすぐわかるんです
小さいというより細っ!と思わずツッコミ

写真は 縁起が良いので「コウノトリ」を記念にパチリ





c827e287.jpegここの博物館で一番気に入った展示がコレ
鴨の骨~~~

くちばし見てよ~
めっさかわええ~

足の開き具合といい、
おむつしてるみたいな歩き方が浮かびます




入館料は大人300円

博物館というよりも、展示室の多い図書館のようなイメージ(図書館ほどではありませんが書籍もありました)
上へあがる階段の天井からは、鳥の凧が転じされており
3階のテラスを広くしたようなスペースには、かぶとむしの養殖の為のたい肥のケースだとか
鳥の博物館の目の前に広がる手が沼に住む水中生物などが粋そうに展示中です
ただ季節的に厳しかったらしく、水も悪くて植物は枯れてるし
フナとエビ、メダカくらいしか確認できませんでした。
ただ、天気がよければベンチもあるので眺めもよく 割と静かなので気持ちよさそうな場所でした

こちらへは 今でも紀宮様が研究のために来られるのでしょうが
研究室とかドアあけっぱなしだし、こんな開放的でいいのでしょうか
余計なお世話ですが心配になったりもしましたがw
受付や、時々すれ違う職員(学芸員?)さんが、みなこんにちはと挨拶しながら
やさしい笑顔で応対してくれますよ
なんだか、田舎を思い出させてくれる ほんわかムードのただよう空間でした

野鳥好きの大人お一人様から、子供連れの親子の方が多く、
こどもの学習スペース(触って書いて遊べる資料がたくさん)があるので、
興味をもついいきっかけになりそうで、実際 資料の入ったボックスを漁るように
ごそごそ必死な男の子もいました。

ただ そのすぐそばで、携帯いじるお父さん・・・残念

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
鳥好きのらっきょさん,素敵な場所発見ですね
しかも300円は安いし
職員の方も人柄良いなら
なおさらおすすめですね

コウノトリさん私にも御利益を
ただ隣の骨がとっても気になる
トミー☆ 2009/02/23(Mon)11:39:44 編集
トミー☆さんへ
コウノトリ、大きかったよ~
隣にある骨は、コウノトリの骨だよw
骨を標本にする為に組み立てる作業だとか、
羽毛の種類別の標本(羽根がびっちり並んでますw)とか
気が遠くなるような作業だろうなぁとか考えながら眺めて帰りました
【2009/02/24 08:29】
ほぉ~
面白そうね~!
鴨のくちばし!! くちばしって中身(?)骨なんだぁ・・とフツーに感動。

楽しいピクニックでしたね♪
ハイジ URL 2009/02/23(Mon)16:56:28 編集
ハイジへ
正直、とっても地味な博物館よw
近いし、駐車場タダだし また行きたいかも
今年は美術館と博物館を見て回りたい魂に火が付いた感じで~
【2009/02/24 08:31】
ほぉ♪
これまたツボな場所だわ~(笑)

実は鳥の剥製って苦手なんだけど
ここのなら大丈夫かも。
真ん中の白鳥さんにはガバッて抱きつきたい(←危)

そういや『とりぱん』読んだ息子が
(ヒヨドリのヒナが保護センターで育てられていたのを見て)
「俺こんなところで働きてぇ~」と言ってました。
こういう博物館みたいなところもええかもなぁ。

それにしても、人間のガイコツが苦手な私も、
鳥さんのならかわいいと思えるから不思議(笑)
aopu URL 2009/02/24(Tue)08:17:14 編集
aopuへ
もぉ~ほんま可愛かったんよ~ 骨。
行く前からサイトだけはチェックしてて、
ここはいつかaopuこっち来たら連れて行ってあげたい場所の一つで
じっくり見て欲しい。

骸骨なんて、そんな怖いイメージゼロで
剥製も生きているときの羽根の輝きはないけど、
骨格どおりに展示されてるから自然だったよ。

へ~ 研究員、いいかも
学生の時、親に トレハロースで有名な林原研究所に
就職とか勧められたことあったけど
現実わたしにそんな頭ないんで、傾きもしなかったけどw
最近、いろんな事に興味が湧いて
辞書とか図鑑がないかわりに、ネットで調べまくったり。
図書館も行ってみようかと思ってるよ
【2009/02/24 08:36】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
バーコード
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ぽちっと☆クリック
ブログランキング参加中★
ぽちっとクリックお願いします



にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ
プロフィール
HN:
らっきょ
性別:
女性
趣味:
ハンドメイド・ネットサーフィン他
自己紹介:
2006岡山から千葉に嫁ぎ
専業主婦生活たのしんでます。
猫・小鳥など、動物好き

★世界最小淡水フグ
アベニーパファー溺愛飼育中
アベニーの子育て楽しいです

Template by 楽楽楽生活(ららららいふ) 自宅でアルバイトしよう!/ Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]